ベリーダンス教室へ通う前にTOP | ベリーダンスとは | ベリーダンスの衣装 | ベリーダンスの教室 スクール | リンク集 |

ベリーダンス アクセサリー小物用品

ベリーダンスのファッションを楽しむと同時に、ダンスをより美しく引き立たせてくれるのがアクセサリーやその他の小物用品です。ベリーダンスにアクセサリーの決まりはありませんが、ベリーダンスコスチュームのオリエンタルで煌びやかな感じの素材や、色調などと合わせて用いられることが多いです。


ネックレス チョーカー イヤリング ピアス

ネックレスやチョーカー、イヤリング、ピアスは、ベリーダンスコスチュームに合わせてコインやビーズが用いられており、煌びやかなものが多いようです。色もゴールドやシルバーといったものが多く見られます。

ネックレスやチョーカーの形としては首にピッタリとフィットするデザインで、ゴージャスな印象を受けるようなものが多いです。重量感のある見た目のアクセサリーでも、実際はベリーダンスの動きに対応できるように軽く出来ているものもあります。

イヤリングやピアスもベリーダンスの動きをより一層美しく引き立てるように、長く下がったコインやビーズが施されているものが多いようです。


ブレスレット アンクレット

ブレスレットやアンクレットをつけてベリーダンスを踊ると、より一層ゴージャスな雰囲気になります。ブレスレットやアンクレットもネックレス等と同様、ベリーダンスコスチュームに合わせてコインやビーズが用いられており、煌びやかなものが多いようです。色もゴールドやシルバーといったものが多く見られます。

ブレスレットは、チェーンがリング状になっていて装飾がある一般的なものから、カフスと呼ばれる腕首を飾る重みのある腕飾りのようなものまで、デザインも種類も豊富にあります。カフスは金具の留め金が開き、腕首にぴたっとはめるようになっています。

アンクレットは足首につけるブレスレッドのことです。最近ではほとんどが細いチェーンでできていて、チェーンの最後に宝石やチャームが組み込まれていてるものが一般的です。

ベリーダンス用のアンクレットには、足の人差し指に指輪を掛け、その先のチェーンがアンクレットに繋がっているものがあります。他にリングになっているタイプなどもあります。


アサヤ(ステッキ) スワード(剣)

アサヤとは「ステッキ」という意味です。ベリーダンスの踊りの中で小道具として使われます。アサヤは、見た目はデパートの紳士用品売り場などで売っているようなステッキで、取っ手の曲ったものや直線型のものなどがあります。長さも短めのもの、長いものなどさまざまです。

ベリーダンスで、アサヤは地面に近い方の端を手に持ってぐるぐると回したり、もう一方の端を肩にかけたりして踊ります。あるいは両手で両端を持ちながら踊ったりします。

本物のステッキに比べるとそれほど重くはないのですが、アサヤを回すのには力や技術が必要になります。

スワードとは「剣」という意味です。こちらもアサヤと同様、ベリーダンスの踊りの中で小道具として使われるものです。スワードはベリーダンスの踊りの中で頭や腰に乗せたり、スワードを頭にのせたまま何度もターンしたりします。

スワードを使ったベリーダンスは、しっかりした踊りの基礎とバランス感覚が必要とされますが、ベリーダンスらしい華やかでスリリングな踊りになります。


ジル(フィンガーシンバル)

ジルとは「フィンガーシンバル」のことです。ベリーダンスの踊りの中で楽器として使われます。ジルは普通2枚一組で用いられます。小さなシンバルの真ん中に穴があり、そこにゴムや紐を通して両手の親指と中指にはめて使用します。

ジルの大きさはさまざまで、直径5センチ前後の真鍮製のものが一般的なようです。色はゴールドやシルバーが一般的です。

ジルで取るリズムは、右左右、左右左と「タカタッタカタ」と鳴らすのが基本です。 ジルはトライアングルのような音が出ます。澄んだとてもよい音です。

ベリーダンス教室・スクールの検索・予約・資料請求ができます
  ⇒ケイコとマナブでベリーダンス教室・講座を探す
楽天市場をチェック
  ⇒楽天市場でベリーダンス関連グッズを探す
Amazonをチェック
  ⇒Amazonでベリーダンス関連グッズを探す


▼同カテゴリー「 ベリーダンスの衣装 」の記事一覧
ベリーダンス コスチューム
ベリーダンス ベール
ベリーダンス ヒップスカーフ
ベリーダンス アクセサリー小物用品
 
ベリーダンス教室へ通う前にTOP | ベリーダンスとは | ベリーダンスの衣装 | ベリーダンスの教室 スクール | リンク集 |